食べる喜び、楽しさを感じて欲しい

乳児院では、栄養士・調理員が子どもたちのために、毎日美味しい料理を提供しています。
新生児から幼児までが生活している乳児院、通常の食事だけではなく、
離乳食、ときにはアレルギー食や病児食も調理しています。
また、様々な食体験ができるよう、食育活動にも取り組んでいます。

食への思い

食べる喜び、食べる楽しさ、素材の美味しさを感じられる食事づくりを心掛けています。また旬の食材を取りいれ季節の味を楽しみ、四季折々の行事食も大切にしています。
子どもたちが将来大きくなったときに、「小鳩で食べたあの味美味しかったなぁ」「作ってみようかなぁ」「こんな風に作ってはったなぁ」と温かな思い出として残るよう、家庭に近い食環境づくりを心掛けています。

栄養管理

0歳から6歳までの子どもたちが入所している乳児院。年齢や状況に応じて、食べやすい形状の食事を提供しています。
子どもたちが実際に食べている様子を職員同士で共有しながら、よりよく食べられるように援助しています。
また、時に体調を崩してしまうこともある子どもたち。そんなときには看護師などと相談したりして、病児食など少しでも食べやすい食事を提供するようにしています。

食育活動

プランターで野菜や果物などを育て、収穫・調理して頂くなど、それぞれの年齢に応じた食育活動も行っています。
普段苦手な野菜でも、自分たちで育てたという自信からか、たくさん食べてくれることも多いです。
また、野菜の皮むきや型抜きのお手伝い、年齢が高くなると包丁などを使ったりして、食材や調理に興味を持ってもらい、食事がより好きになってもらえるように取り組んでいます。

 

お正月

節分

ひな祭り

入学式

こどもの日

十五夜

ハロウィン

クリスマス

 
error: コンテンツ保護機能により、このページは画像の保存および印刷することはできません。